1. ホーム
  2. スパーキー佐藤の早漏革命
  3. ≫意外と参考になったミスターDの早漏対策(挿入~インターバルの取り方)

意外と参考になったミスターDの早漏対策(挿入~インターバルの取り方)

今だから言えるソロスケのインターバルへの考え方

早漏改善=単に挿入時間を伸ばすこと!という思考ではなく、
インターバルのうまい使い方も知って相乗効果が発揮される!

またインターバルと一口に言っても、
一旦ペニスを抜いてクンニへ移行などの1パターンではダメ。
挿れながらでもインターバル時間にできるということを知るべき!

スパーキー佐藤の早漏改善マニュアルなんですが、動画はミスターDというAV男優がメインで口頭で説明をしています。
この方、けっこう歯切れがよく話がうまくて聞きやすいので良いんですが、
最後のほうでスパーキー佐藤流ではなく、ミスターD流の早漏対策についても教えてくれており、これがまた意外と参考になるのでおすすめです。

基本的には挿入~インターバルの取り方の流れなんですが、セックスのプロだけあってめちゃくちゃうまい!って感じ。
女性の感じやすい部分やツボを押さえながらこっちがうまく休むテクニックをしっかり持っています。

この休んだりインターバルを取ったり、という行為は、以前お話した興奮レベルを低~中で行き来させるようなことと同じわけですが、そのやり方がかなり自然なんですね。

ポイントしては、
女性は気持ちいいけど、男性のペニスへの刺激は実は少ない状態をキープする、ってことです。

ソロスケ的にへぇ~と思ったのが、挿入にも時間をかけるし、挿入後もすぐにはピストンを開始しないって部分でしょうか。
もちろんその間は何もしなければ手持ちぶたさで間が持たないのは当然ですが、ちゃんとその間にするべきことはしています。
が、事実として入れてもピストンなしでも大丈夫なんです!!

素人男性は挿れから腰を振っていく・・・ってのが当たり前のように思いがちですが決してそうではない!ってことに気が付いただけでもかなりの収穫でした。
なんか勝手に焦りすぎていたのかもしれません。

本来、早漏の男子であるならば余計に余裕を持ってセックスしないとダメなんでしょうけど、
セックスや女性との向き合い方を変えるいいきっかけにもなりましたね。

早漏男子におすすめしたい体位も

またインターバル的に使える体位と、
その時の腰の動かし方についても解説がありました。

大きく紹介されているのは3つで、うち1つはソロスケもあまりしらないし、実践でもほぼやったことのない体位でした。
でもペニスへの刺激は少ない上に女性はそれなりにちゃんと気持ちが良い!っていう体位になります。

こういう体位を1つでも知っておくことで、
それをセックス中に挟むだけでもだいぶ時間稼ぎになりますよね。

特に早漏の場合、体位を1つ増やしただけでも終了時間が大きく変わってきます。

ソロスケもこの体位を実践で使用するようになってからはやっぱり「持ち時間」が全然変わってきました。
これって、自分の気持ち良さだけを求めていたらなかなかやらない体位ですし、このマニュアルを手にしなかったら一生やらなかったでろう自信があります。

スパーキー佐藤の早漏革命、ネタバレ寸前内容まとめページへ!