1. ホーム
  2. 田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ
  3. ≫これは必見!早漏を回避しロングプレーできる体位と腰の動かし方

これは必見!早漏を回避しロングプレーできる体位と腰の動かし方

前のページにて一般的な体位と、
その時の腰の使い方について軽く触れました。

が、その最後のほうに、
どうしても1ページ分使って紹介しておきたいな!と思えるものがあったんです。

それがペニスへの刺激のことを考えて、
いかに摩擦を回避して早漏セックスで終わらず
ロングプレーに持ち込めるかという体位のこと
です。

AV男優の田淵さん曰く、
ペニスは亀頭と亀頭の裏が特に感じやすいので、
それを外した体位なら問題ない
、とのこと。

うん、それは確かにその通りなんですけどね・・・

しかも筋力だけに頼らない骨盤運動で疲れないピストンなら、
刺激でも疲れでもやられることなく、
しっかりロングプレーが楽しめるじゃん!
ってことなんですよ。

更にこの体位ならペニスが気持ち良すぎないところに当ててピストンできるので、
男のほうはより長くモチやすいんですね。

※ネタバレ防止のため、具体的な体位についてはモザイクをしております。
すみません!

longplay-taii

これにあとは骨盤運動でやれば
30分でも1時間でもずーっとできる動きなんですね。
と最後に田淵さんがおっしゃっていました。

早漏の場合、確かに体位問題は非常に重要ですよね。
ソロスケもそうです。
間にこれを挟んでおけば、仮に感じやすい体位でイッてしまったとしても
女性に早漏の烙印を押されずに済むのでぜひマスターしていただきたいですね!

田淵正浩の早漏改善ブートキャンプ ネタバレ寸前内容レビューへ!

当サイトでは「早漏改善」をテーマに、早イキ男子に役立つ情報を提供中。
早漏改善にダイレクトに直結するトレーニングやマニュアル、また私ソロスケの早漏改善ストーリー、生々しい?改善報告(ビフォーアフター)もちょっと紹介しているのでぜひ熟読して行ってもらえると嬉しい限りです(゚∀゚)
早漏改善のために TOPページへ