1. ホーム
  2. スパーキー佐藤の早漏革命
  3. ≫亀頭マッサージで早漏改善に欠かせない刺激対策の基礎を作る

亀頭マッサージで早漏改善に欠かせない刺激対策の基礎を作る

スパーキー佐藤の早漏マニュアルでは最も基本的であり、且つ最も重要と言っているのが亀頭マッサージです。
あまりネタバレになってしまってはまずいので全てを晒すことはできませんが、
掌(てのひら)を使って亀頭への刺激を与え、10分間我慢できるレベルになるまで訓練することが大事だそうです。

で、もしトレーニング中にイキたくなったら動きを止めても良いので、手を亀頭から離さないことが重要になります。

これについてはマニュアルを買ってから一番初めに動画に出てくる部分ですし、私もいの一番に取り組みました。

亀頭への刺激は円を描くように掌で行う、ということが基本ですが、
+アルファでこのトレーニングをする時の体勢と、ペニスを押さえる位置も重要な要素になっているようです。

ただマニュアルの秘匿性のため、そこは伏せさせていただきます。

※実際の動画ではティルドを使ってわかりやすく解説があります。
亀頭マッサージの動画キャプチャ

亀頭マッサージへの取り組み:初日

こういうオナニーの仕方はしたことがないのでどんな刺激があるのか・・・未知数な部分もありましたが、エロ動画を見ながらのトレーニングではないため、思いの外イケずに堪えることができました。

それでもやっぱり亀頭は刺激に弱いため、3分過ぎから射精しそうになり手を止める結果に。普通に男性であれば全然耐えられるであろうタイムも、相当のソロスケにはやっぱりキツかったです。

で、更にそこから再度同じ動きのトレーニングを開始し、やっぱり3分スパンでイキたくなる・・・の繰り返しとなりました。

亀頭を刺激し続けることで若干の痺れもあったのでこれはもちそうだな、と思っていたんですが、それでもやっぱり3分スパンでイキたくなります。
※普段、動画を見ながらの自慰では1分以内に必ずイッています。

ちなみにですが、AVのM男企画で亀頭をこういう感じで刺激し続ける内容のものがありますね(笑)
自分も好きでよく見たりもしますが、射精してもずっと続けるので亀頭攻めというやつです。
まぁ環境が違うのでそれとは一緒にできませんがイメージとしては似ています。

亀頭マッサージへの取り組み:2週間目

このトレーニングも2週目に入り、だいぶ慣れてはきました。
正直、途中でエロいことを考えなければ5分以上耐えられるようになりました。
でもこれを女性にやってもらったら即イキな感じがしないではありません。

とりあえず亀頭への刺激には段々と強くなってはきている、という実感がちゃんとあるので継続のモチベーションにはなっていますね。
邪念を払い、これはトレーニングだ!と思いながら継続した週でした。

10分達成は3週目にようやくできた!

ソロスケの場合、亀頭マッサージでのノルマである10分達成は3週目でクリアしました。
エロいことは一切考えていませんので精神的な面もあると思いますが、あとはこれが本番で発揮できるか、って部分がちょっと心配ではあります。

が、このトレーニングで精神的なバランスの取り方も自己流で身に付けた感もあったりしました。
なんというか、量をこなせばその中で悟るものがあるというか、そんな感じです。

以降、オナニーをしようと考えるのではなく、
あくまで早漏トレーニングの1つであるという心持ちで行うことで10分は比較的容易に達成できるようになっています。

意外と良かったお風呂タイムを利用しての亀頭マッサージ

これはマニュアル内で紹介されていることではありませんが、
ソロスケが日々の精進で編み出した簡易的な、でも効果を感じるトレーニング方法です。

それがお風呂で体を洗う時に勃起させ、一緒に亀頭刺激マッサージを行うというもの。
手の形、動きはマニュアル通りで良いんですが、それを単にお風呂でするだけ。
でも全くと言っていいほど同じ効果が得られます。

問題はバスタイムで勃起するのか、ってことなんですが、
極力直前にエッチなことを考えて勃起させそれで臨みます。
こういったひと工夫で更に時間を効率的に使え、早漏克服に一歩先に近づけるかもしれません。

スパーキー佐藤の早漏革命、ネタバレ寸前内容まとめページへ!