1. ホーム
  2. 体位別 早漏改善の効果
  3. ≫フェラでの早漏暴発を回避し、耐える強さを手に入れられる方法!

フェラでの早漏暴発を回避し、耐える強さを手に入れられる方法!

普通のフェラ程度ならもうこれで暴発はしなくなる!
男優直伝の早漏改善トレーニング方法を今すぐチェック!

スパーキー佐藤の早漏革命(18禁)がコレ!


ソロスケ自身、早漏を克服してフェラでの暴発が一切なくなりました。
これはセックスを楽しむという意味は非常に大きな効果です。

早漏あるあるとして、挿入する前のフェラでイク!というのはよくある話。
私も若いころはそこから即勃起!ということもできたんですが今では全くできません。
つまり愛撫であるフェラでイクことはその時点でセックス終了を意味しますよね。
こういう悩みを持つ男性諸君はけっこう多いはずです。

ソロスケがフェラ暴発しなくなったわけ

これは人にもよるのかもしれませんが、私はやっぱりカリへの刺激、これでフェラ暴発を多発していたように思います。
普段皮オナばかりでしたから、口内での刺激とは言えカリ攻撃にはマジで弱いです。
つまり、刺激に耐えることを目的としたカリトレーニングが一番効いたなと思うわけです。

早漏のころは亀頭から竿にかけて口に含まれちょっと動かされた段階で「ヤバいかも・・・」となっていましたが、今では全然そうなりません。ぶっちゃけ余裕で耐えることができます。
特に一般女性(素人)とのセックスの場合は、激しくフェラをしてくるということがまずないじゃないですか!?
こちらからリクエストを出せば激しくいろいろやってくれますが、プロほどではありません。
もうね、それならかなり長時間楽しめますよ。

※但しピンサロなど風俗に行った場合は話は違ってきます。プロのお店だと私もフェラは10分くらいで撃沈します。それでもプロ相手に10分耐える、ということ自体、早漏だった私には大きすぎる進歩ですが。

また竿で感じる、という早漏男性も多いと思われますが、
その場合には逆手しごきの方法である程度鍛えられます。
これにより、亀頭やカリは喉奥で、竿は唇で、、、というフェラ好きにはたまらないようなやられ方にも強くなるんですね。
ディープスロートでもかなりの時間耐えられるようになりました、ソロスケも。

今では普通のフェラではほぼ無制限に、
またディープスロートや頭を持っての仁王立ちフェラ、ノーハンドフェラなどもしっかり耐えることができてしまっていますよ。

フェラ暴発しなくなるカリトレとは?

包茎気味の男性でも痛くない程度の刺激で毎日できるスパーキー佐藤式のカリトレーニングです。
当サイト管理人もフェラにガチで強くなりましたし、フェラ暴発のセックス人生は一番損だと思いますし、こればっかりはトレーニングで本気で対策したほうが良いと思います。
前戯フェラでの暴発はロングプレー以前の問題ですからね!
カリトレーニングでの正しい鍛え方で早漏改善!ソロスケも効果を実感!

今だからわかる!「耐える」という感覚ではない!

早漏全盛期だったころは、とにかく「耐える」ためには?という意識、感覚でした。
結局は暴発しまくりだったけですが。

ですが早漏を卒業してからはそもそも「耐える」という感覚自体がある意味間違いだったんだと気が付きました。
耐えようと思っている段階では既に遅くて、本来なら「あー、気持ちいいな~でもこれくらいの刺激なら平気だぜ!」っていう感想が正しいと思います。
これが非・早漏男子の感覚だったんですね。

AV男優の方も同じ感覚のようですが、イキそう、まずい!となった状態はいわゆる「興奮レベルが高い」状態です。こうなるともう我慢もコントロールもありません。まずはその段階になかなか到達しない、刺激に強いペニスを作ることが大前提となるわけですね。

ぜひともカリトレーニング等を通して、フェラに強いペニスを作ってみてください!
その領域に達したら、耐えるなんていう感覚ではないのがよく分かると思います。

最初はフェラは敢えてする必要はないかも

早漏トレーニングを始めた初期のころは、やっぱり刺激に強くなったからと言ってもフェラをすることでその後の挿入に影響を及ぼすこともあると思います。
つまり興奮レベルが一気に上がり、フェラではイカなくても挿れてから短時間でアウトになってしまう懸念です。

それならば敢えてフェラはしてもらわなくてもいい、という構えで臨むのもありかと。
特にフェラが特段好きではない彼女ならなおさらですね。
きちんと十分な挿入時間を確保できるようになって、早漏克服にある程度の自信が付いたらその時点でフェラをしてもらえばいいとソロスケは考えます。
でもその辺積極的な彼女でちゃんと前戯としてフェラチオをしてくれるのであればやってもらえばいいですけどね。

まぁいずれにせよ、フェラでの暴発という最悪な事態は改善できるはずです(#^.^#)

ノーハンドフェラでも暴発しない!

これは早漏男子の最終的な目標となると思いますが、どんなフェラにも耐えるだけの力を付けて欲しいと思います。

恥ずかしながら私ソロスケもかなりフェラは好きです。
特に仁王立ちしてのノーハンドフェラ、ディープスロート系ですね。こういうフェラは征服感を味わえるし、単純により気持ちが良いから大好きなんですよね。

ですがそのクセ早漏と来たもんだからすぐにイキたくなります。
M女を相手にする場合はフェラによる征服されている感で感じる!という人も多いだけに、ここでの早漏は致命的。またM女ではないにしても、わざわざこんなフェラをしてもらっているのに即イキでは男の立場がありません。

ノーハンドの場合、亀頭~竿の付け根まで、そして深く咥えることにより喉奥での強い刺激が亀頭・カリにかかります。
早漏クンにとってはこのWでの刺激は非常に厳しいものがありますが、ソロスケ推奨のスパーキー佐藤式トレーニングによって亀頭・カリ強化できると全体違いますし、少なくとノーハンドフェラでもある程度は自信を持ってやってもらえるようになるはずです。

スパーキー佐藤の早漏革命、ネタバレ寸前内容まとめページへ!
(フェラに耐える、暴発の回避もこれでOK!)

当サイトでは「早漏改善」をテーマに、早イキ男子に役立つ情報を提供中。
早漏改善にダイレクトに直結するトレーニングやマニュアル、また私ソロスケの早漏改善ストーリー、生々しい?改善報告(ビフォーアフター)もちょっと紹介しているのでぜひ熟読して行ってもらえると嬉しい限りです(゚∀゚)
早漏改善のために TOPページへ