1. ホーム
  2. スパーキー佐藤の早漏革命
  3. ≫早漏を治すオナニーの方法!早漏改善の為に良いことダメなこと。

早漏を治すオナニーの方法!早漏改善の為に良いことダメなこと。

早漏を治す、克服するためのオナニー論

このページでは、早漏改善にある程度成功できたソロスケが、オナニーの方法への知識と持論をまとめたものになります。
ぜひ普段のオナニーをトレーニングの場とし、早漏改善につなげてください。

★毎日のオナニーを即、早漏トレーニングに!
「スパーキー佐藤の早漏革命」詳細(↓画像クリックで公式ページへ)

sparkybanner

※ガッツリ実践の私がしっかりレビュー!
⇒スパーキー佐藤 ネタバレ寸前レビュー byソロスケ
(正直、普段のオナニータイムがこれほど手軽にトレーニングに早変わりする優れた早漏改善方法はこれがベストだと思います!)

オナニーについては「早漏革命」にて補足として説明されていたんですが、
早漏男性であれば絶対に注意をしておくべき重要な事項になります。

特に以下に挙げた点は早漏防止にはめちゃくちゃ重要とのことなので、本気で早漏を卒業したい人は本気で向き合うべきですね。

早漏を治すため、オナニーでやってはいけないこと!

皮オナニー:絶対にダメ!

これはソロスケにとって非常に耳の痛い問題でした。
仮性包茎の人はその皮を使って亀頭を100%露出せずにしごくので刺激には弱くなっているんですよね。
包茎のみなさん、わかりますよね??

動画マニュアルでも言っていましたが、この皮オナ卒業はマジで大事だと。
ソロスケのその重要性にはかなり前から気が付いていましたが、面倒なのでそのまま改善せずにここまでやってきました。

が、今回取り組んでいる早漏対策では刺激対策トレーニングで亀頭やカリを刺激する内容のものもありますし、どうせやるなら!と思い皮を剥いてのオナニーにちゃんと切り替えました。

脱・皮オナをするとそれまでのやり方だと刺激が強すぎるのでもう少し弱い刺激に変えなければいけませんし、○○を使うなどの工夫も必要です。
ですが確実にこれは効果があります。

まぁ今までとはまたちょっと違った感覚でオナニーが楽しめるので、そういう意味では良かったなとプラスに考えてオナニー習慣を改めましょう。

早抜きの禁止:ダメ!

これもダメだろうな~きっと・・・と思いながらソロスケがやっていた悪い習慣の1つでした。動画マニュアルの中では汁男優さんの話も交えて説明しているんですが、早抜きはやめるべきです。

僕は若いころからかなり早抜きでやっていましたね・・・。
特に中学、高校のときは精力も相当強かったため、一発早く抜いてまた2回目、3回目をやるという生活をしていました。
そうするともう早抜きオナニーが体に染みついてきます。

30代になって今でも(そもそも早漏ですし)オナニーの速さには自信があるくらいでした。

尚、早抜き禁止は自分の意識の持ちようでどうにでもなる問題です。
イキたくなったら休めば良いし、そもそもすぐイッてしまうような強さでしごくのを止めたり、マインドを高めすぎなければいいだけの話なんですよね。
簡単です。でもこれを早漏改善にモチベーションを向けてちゃんと継続することが大事になります。

ソロスケはスパーキー佐藤さんの早漏マニュアルを見たその日から、早抜きオナニーは禁止として頑張っています。

PC筋のトレーニング:ダメ!(あくまで最終段階で!)

これがダメというわけではないのですが、正確に言えば普段のオナニーで早漏改善の成果が出てきてそこで初めてトライすべき内容のトレーニングとなります。
要は順番を間違ってはダメですよ!ということですね。

しかも実際のHでPC筋を使うというのは、ロングプレーのためというよりも最後の時間調整で使用します。つまり早漏改善の本筋ではないということですね。
参照:PC筋のトレーニング

早漏改善に直結するオナニーでやっていい、やるべきこと!

映像を準備して抜く:大事!

これも勘の鋭い方なら分かると思いますが、自分の興奮レベルとの兼ね合いの問題ですね。
今はネットに動画があふれていますし、ちゃんとエロ動画を用意して抜くようにしましょう。

ソロスケの場合はというと、最近になってやって動画ありきでオナニーをするようになっていましたが、昔はイマジネーションだけでガンガン抜いていました。特に高校生~大学生にかけて、さらには社会人になってもその癖は抜けなかったです。というよりか、それで十分気持ちよくなれし、いろいろ想像することが好きだったから続けていたのかもしれません。
が、実際は想像でオナニーするのは思っている以上に早漏を加速させることのようなのでこれも止めるべきですね。

上記に付随して、オナニー時の姿勢のことであったり、オナニーやセックスの時の目標の定め方についてもお話もありますのでその辺はスパーキー佐藤氏の動画マニュアルで知識を補い、実践していってください。

亀頭及びカリ刺激を意識したオナニー:めちゃくちゃ大事!

これが早漏防止オナニーの最重要点になります。だって刺激対策に直結する部分ですからね。これを避けては通れないと思ってください。

スパーキー佐藤の早漏革命でみっちりオナニーによるトレーニングをした僕だから言えますが、要は亀頭とカリを強くすればいいんですから、皮を剥いて痛くない程度に、そしてすぐにイカない程度に自慰をすればそれだけでもだいぶ鍛えられると思います。これができればわざわざ市販のマニュアル等を買わなくてもいいのではないかと思いますね、極論。
例えばですが、余った皮を剥いた状態でペニスを握り、親指で亀頭を擦って刺激する・・・こういうことを日常的に繰りかえすだけでもだいぶ違ってくると思います。これなんかは恥ずかしいですがセルフ亀頭攻めみたいなもんですね。

お金が無いけど早漏は克服したい!という男子はとにかく普段のオナニーでこのポイントに気をつけてやるようにしましょう。
あくまで、オナニー=性欲を満たすものではなく、トレーニング!と思ってやってください。

そして早漏改善のためにちょっとくらいの投資ならOKだよ!と思える男性諸君は、スパーキー佐藤氏のマニュアルを読み、亀頭・カリへの刺激強化オナニー法をしっかりマスター(というか、実践するだけですが)してみてください。
スパーキー佐藤の早漏革命、ネタバレ寸前レビューへ!

尚、オナニーにおける直接刺激トレーニングについては以下の記事もぜひどうぞ!
私ソロスケによる実践の感想と効果をまとめています。
亀頭マッサージで早漏改善に欠かせない刺激対策の基礎を作る
カリ首を適度に刺激し、早漏防止に繋げる!

スクイーズ法とセマンズ法は全くもっておすすめではない

早漏改善のオナニー方法としてスクイーズ法とセマンズ法というのをたまに聞きませんか?

スクイーズ法というのは射精の直前にカリや亀頭部分を圧迫し、力技で射精を止める方法です。
これを1~2か月ほど繰り返します。

またセマンズ法というのは別名スタート・ストップ法ともいい、
射精しそうになったら手の動きを止めて射精を耐える、というだけの方法になります。

ちなみにですがソロスケはどちらもやったことがありますが、
一切早漏改善への効果はありませんでした。
しかもスクイーズ法に関しては最後の圧迫する力が逆に作用し、そのまま発射してしまうことも多々あったんです。

一説にはスクイーズ法は女性にやってもらったほうがより効果的と言われていますが、
そんな早漏トレーニングに付き合ってくれる女性なんてまずいませんし、
もしいても余計に興奮して発射してしまう可能性大です、早漏男子的には。。。

早漏革命のオナニー方法(トレーニング方法)でペニス強化された今だからはっきりわかりますが、スクイーズ法もセマンズ法も、日本人にありかちな刺激不足による早漏には全然効果がないと思います。

だって、
日本人の早漏男子が思わず暴発を引き起こしてしまう箇所への刺激対策が一切ないから、
です。

どちらも欧米で開発されたオナニー方法で、且つ50、60年代というかなり昔の方法です。
手軽に出来そうなものではありますがやるだけ時間のムダですね。

早漏対策オナニーは結局は自分の手が一番!

早漏は刺激に慣れさせることが大事!というのはどのサイトでもよく見られますが、更にリアリティを高めるためにオナグッズを使うと良いみたいなことを書いている場合もあります。

特に代表的なものはテンガに代表されるオナホールと呼ばれるものですね。
これだと女性の性器に感覚が近いし、これを使ってオナニーしイキたくなったらやめ、、、と繰り返すといいよ、みたいなことを述べている人もいます。

はっきり言ってソロスケ的にはこのオナニーには反対ですね!
少なくとも早漏改善をしようとしているメンズの自慰方法ではありません!!

ソロスケ自身、オナホールでのオナニーで同様のことをしたことがありますが一切に早漏は改善せず、結局最終的に気持ちいい射精で終わり、、、の繰り返し。
刺激にヤバくなってイクのを何度も耐えましたが、それで早打ちが治った試しがありませんでした。結局のオナホールはいかに気持ち良くイクか、の為のグッズであり、早漏には絶対に効果はないと思います。
最も重要な刺激対策という視点が完全に抜けてしまっています。
同じ抜く繋がりでもここが抜けてしまっては意味がありません。

じゃあ何がいいかってそれは当然自分の手です。
手を使って徹底的に刺激に弱い箇所を鍛える(慣れさせる)んですよ。
自分の手ですから微妙な力加減もできますし、ギリギリのところでの本気の早漏対策オナニーができます。

実際のところスパーキー佐藤先生もオナホールのことになんて1ミリも言及していませんし、これはほぼ間違いなく我流のミスリードと言っていいでしょう。
やり方的には前述のセマンズ法に近いものを感じます。

一番はスパーキー佐藤先生のマニュアル動画を見て正しいオナニーの方法を見て学ぶのがベストですが、例えまずは無料で!と思ってもオナホールでの射精耐えオナニーなどはやらないことです。

おすすめ早漏改善トレーニングTOPへ